【プロジェクトスタート?】千葉県おすすめキャンプ場 大原オートキャンプインそとぼう

先輩キャンパーから連絡

「今度、大原オートキャンプインそとぼうに

来ない?」

「都合つけてなんとか行きます」

そんなやり取りから始まった!

 

なぜ、お誘いが来たかと言うと先輩キャンパーは

僕のあのプロジェクトを知っていたから。

キャンパルジャパンのイベントが大原オート

キャンプインそとぼうでやるから絶対実物を見た

ほうが良いと!

 

そうなんです。プロジェクトに必要な新たなテント

の購入を考えていたんです。コンパクトで全室が

広いテントを!仕事をやりくりして

行きましたよ~。

 

栃木から千葉って実は地味に遠いんですよね~。

とは言え、いざ、出発!

 

栃木から茨城を抜け、千葉県へ~

途中、海で休憩です。

 

 

 

 

 

ほら、綺麗ですよね~

まだ、海水浴シーズンではないのに暑かったせいも

あり水着姿の人もたくさんいました。

 

さて、リフレッシュして一路、キャンプ場へ!

キャンプ場にはすでに先輩キャンパーの

「みゅう先輩」が到着している連絡が入りま

した。午後2時頃僕たちも到着です。

 

実は初対面のみゅう先輩!挨拶を交わしました。

今回はみゅう先輩のお友達も集結していて新た

にお知り合いができました。

お名前は「なつさん」と「巨匠」です(笑)

 

そして早速イベント会場へ

キャンパルジャパン(小川テント)さんの数々の

テントが集結していました。

 

圧巻です。

その中で最初に目を引いたテントがありました!

 

 

 

 

 

ミニオンというテントです!

インパクトありました。可愛いおうちをそのまま

テントにしちゃったようなやつでした。

 

オール日本製ということでお値段もそこそこの

ものでした。

そう言っても買うわけではないんですが・・・

まぁ、あるわあるわ~

小川テントといえばいまではこれが代名詞じゃないかな?

 

 

 

 

 

そうです!ピルツです。ピルツとはドイツ語で

「きのこ」という意味らしいです。

このトンガリ頭のテントは完全に小川の代名詞に

なるようなヒット商品でした。

 

各社似たようなテントを発売していますが

あくまで小川のピルツ以降の話ですね~

でも、うちにはデカすぎなんです。

なんせ大人2人だけですから

 

そしてこの時、みんなが割りとそわそわして

いたテントがあります。

 

 

 

 

 

ツインピルツです!インナーテントも別売りであり

ます。がコットなどを使用して寝室とリビングが

共存できる作りです。

 

前も後ろも全開するので使い方はいろいろです。

これも、いいなぁと思いましたが僕らにはちと

デカイんですね。

また、コットもないし・・・。

 

 

 

 

 

これが僕のお目当てのテントです。ステイシーSTⅡ

です。コンパクトかつ前室が広い!2人での居住性

は十分です。

 

これがプロジェクト実行の候補のテントでした。

一通り、テントを見終えて、ひとまずサイトに戻り

駆けつけの一杯でした。

みゅう先輩、なつさん、巨匠、ウッチー

僕と4人

 

 

 

 

 

かんぱ~い!いいですね~この時間からの一杯は

(笑)ちなみにここ、大原オートキャンプイン

そとぼうさんはグルキャンは禁止です。

 

しかし、今回はイベントに参加したい各々が来た

だけという形なので、グルキャンの領域外でした。

 

もちろん、話し声も気を使って小さく小さくです。

マナーはしっかり守ります。

そして夜はキャンパルジャパン、キャンプ場主催の

会食です!

 

 

 

 

 

こんな感じでみなさん、それなりに出来上がって

ます(笑)みな、良識ある大人キャンパーばかり

ですから落ち着いた感じで楽しく、ゆっくり過ごせ

ました。

 

大原オートキャンプインそとぼうのオーナーさんは

めちゃキャンプ好きらしく、このキャンプ場の

オーナーさんが辞めるのを聞き、こんな良いキャンプ

場をなくしてはいけない!

 

と職場を退職し引き継いだというお話でした。

 

尊敬するココロザシです。でもこういう方がいて今の

キャンプ業界があるわけで、雑誌などでただただ

楽しさを一面に打ち出したキャンプライフを語って

欲しくないですね。

 

何事も自由とは言え自由だからこそ、自由と言うのは

言われなくとも最低限のルールを守る前提で成り立つ

もの。マナーは絶対です。

 

だから、ここのオーナーさんは風紀を乱す可能性のある

グルキャンは禁止して、来た方全員が満足いく時間を過

ごして欲しいという思いが強いんですね。

 

動画もご紹介しておきます

 

 

また、是非とも行きたいキャンプ場の一つです。

次回は釣り道具を持って釣りキャンプがしたい

です。ではでは、今回もブログをご覧いただき

ありがとうございます。

 

また、次回こちらのブログでお会い

できたら嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です